〈ドラクエ〉から考える、女の人生の選択とその後

今一番のお気に入り番組「テレビ千鳥」で、国民的ゲーム〈ドラクエ5〉をやる回がありまして。
ドラクエってただ次々と現れる敵をやっつけていくゲームだったか思いきや、進めていくうちにプレイヤーは大きな問題にぶちあたります。

 

「結婚相手を選ぶ」
なにそれ?

f:id:nojapannolife:20150301113837j:plain

しかも嫁候補の2人である「大金持ちの娘フローラ」「一緒に戦ってきた同志ビアンカ」、これがどちらも甲乙つけがたいいい女。選べん!
これってゲーム的にはどっちが正解なわけっ?と思った所で番組は終わりました。

 

どうにも気になったためググってみると、どうもどちらを選んでもメリットデメリットがある模様。最近のゲームってなんか精神的にきそうだねえ汗。
その時ふと、先日友人が口にした事を思い出しました。

 

ご主人の駐在に帯同するまで「女性が活躍する企業」に勤務していた彼女が、「同期が出世してそれなりの地位についているのを見ると、あの時辞めずに続けていたらどうだったのかなと思ってしまう」と言ったのです。 


それは、わからんわねえ。

f:id:nojapannolife:20150213094634j:plain

彼女もドラクエのプレイヤーのように、帯同を選んだことでメリットとデメリットがあった。そのメリットを最大限に活かして活躍する彼女でさえこんな風に思う日があるのです。

そしてその直後、彼女はこう付け足したしました。
「でも、辞めない事を選択していたとしても、なにかを後悔していたと思う」。

 

うん、わかる。

 

宮本むなし、もとい武蔵は「我事に於いて後悔せず」と言った(ググった)。
でもね、ソクラテスは「簡単すぎる人生に価値なし」と言った(ググった)。

f:id:nojapannolife:20150113131645j:plain

どんなに考えて、考えて、考え抜いて決めた事でも、「これでよかった」と自分を肯定しながら、同時に少し後悔するのが人間というものではないかと思うのです。

ならば、「これでよかった」をの方を少し多めに思っておくほうがいいね。

 

とこんな事を書きつつも昼が近いので、憧れの「宮本むなし メニュー」をググる私なのでした。